衣類の収納について (3)

| コメント(0)

いよいよ衣類の収納についてシリーズ最後(早!!)になりますが、保管のための注意事項ををお知らせします。

  • クリーニングに出した衣類は早めに持ち帰り、袋から出して収納してください。
  • 収納の際には汚れているものとキレイなものを一緒に収納してはダメ。
  • 保管中は天気の良い日に風通しを良くして、収納庫の湿気を抜いてあげましょう。
  • 直射日光や蛍光灯が直接当たらない場所に保管しましょう。
  • 淡い色の衣類についている皮革のベルトは別々に保管して下さい。

以上のことに気をつけて下さいね。クリーニング店に預けっぱなしは良くないですよ。
それでは、問題です・・・?

下の図で、ある家の部屋の間取りとして、どのが部屋が保管には良いでしょう?

         

          北 


      (3)  (1

   西           東

      (4)  (2

 

         南

正解は!!

(1)  から順番に保管に適しています

(1)の部屋は日は当たるけど、午後からは日が射さないので一日の中でも湿度の変化の少ない保管に適した部屋になります。

(4)の部屋は夕日が沈むまで日が射し、日没後は急に温度が下がって一日の中で一番気温の変化が大きく結露によるカビやシミ・変化の原因となる他、縮みなどを起こす原因を作る保管には適さない部屋です。

ブログにコメントする

Facebook等にコメントする