クリーニング業の形態は・・・

| コメント(0)

今日は雨が降り始め少し気温は下がりましたけど、本格的に暖かくなりましたね。クリ-ニング需要は3月までが悪すぎたこともあり、その分4月は何とか盛り上がりを見せてくれそうな気配ですが、なかなか楽観はできそうにない感じです。

さて、基礎知識シリーズとして今日は皆さんが利用されるクリーニング店について、各お店の営業形態が次のようなものに分類されることをご存知ですか。

(1) 一般店舗
経営者等がその場所にいて洗濯物の処理を行う設備が付帯していていて洗濯物の受取り、引き渡し行うお店。

(2) 直営店舗
経営者が本店とは別の場所に店舗を出して、洗濯物の受取り、引き渡し行うお店。また、それに洗濯物の処理を行う設備が付帯しているのをユニットショップと言います。

(3)取次店舗
経営者が第三者に委託して、その第三者が所有している場所で洗濯物の受取り、引渡しのみを行うお店。

(4)その他の営業形態

外交各家庭・事業所を回って洗濯物の受け取り、引渡しを行う。

デリバリーお客様から連絡を受け、要望の日時に訪問し洗濯物の受け取り、引渡しを行う。

宅配宅急便を利用して、洗濯物の受け取り、引渡しを行う。(インターネットを用する場合もある)

皆さんのご利用されているお店はどうですか・・・さあご家庭の冬物を清潔にして整理して、しっかりと保管しましょう。

ブログにコメントする

Facebook等にコメントする